宇田謙心(お金の先生)の人物像や評判について調査!

宇田謙心氏と言えば、お金の先生として知られています。資産形成・運用のプロで金融機関を上手に活用して安全に効率よく資産を増やしている方です。

現在セミリタイアしてからも順調に資産を増やしているそうですが、どのような経歴や評判があるのでしょうか?宇田謙心氏の人物像や評判について調査してみました。

宇田謙心のプロフィール/経歴

まず始めに、宇田謙心氏のプロフィール・経歴をご紹介します。

宇田謙心_プロフィール画像
[宇田謙心氏]

宇田謙心の経歴
大学卒業
公務員
経営者、資産運用開始
セミリタイアし、個人投資家
法人個人のファイナンシャルアドバイザリー業務に従事
国家資格ファイナンシャルプランニング技能士取得

彼は20代の前半の頃は年収400万円程のごく一般的な労働者でした。しかし、労働者は自由も少なく働くことでしかお金を生み出せません。そこで宇田氏はもっと自由かつ豊かになりたくて経営者となります。経営者になってからは「経営者もリスクや不安がある」ということに気づきます。経営者は自分が働けなくなった時や従業員が辞めたりした時に問題が発生します。また、競合他社が出てきた時や地震等の天災など不測の事態を考えなければなりません。

こうした儲からなくなるリスクや不安を嫌った宇田氏は、少しでもリスクや不安のない収入を求めていました。それが自分や誰かに頼る事なくても効率かつ安全に増えていく金融資産というものでした。暗号資産、F X、バイナリーオプション、自動売買ツール、事業投資などのリスクが高いものでもなく、株式や不動産投資みたいに儲かるか儲からないか先が分からないものでもなく、預金や保険や国債などと同程度の安全性を確保しながらもミドルリターンを取れるのは金融資産だとさまざまな投資対象物を比較、実践などをして気がついたのです。

そこから自分の労働収入の殆どを資産購入に当てていたため早く原資が大きくなり、さらに出た利回りも再び原資に回して複利にしていたので、安全に効率良く資産を増やすことができたのです。

だからこそ29歳という若さでセミリタイアできた訳ですね。今でも、資産から出た配当で更に資産を買い増しに使っているので複利で毎年毎年資産が大きくなっているみたいです。

宇田謙心のお金についての考え方とは?

宇田謙心氏は昔からお金について色々と考えた結果、効率よく安全にお金を増やす場合以下の考え方を持つようになります。

  1.  利回りよりも安全性。複利を重視し継続して資産を増やしていく
  2.  金融機関の窓口で売られている商品を買わない
  3.  ギャンブル要素(リスク)を排除して勝つことよりも負けないことを意識する
  4.  遊びよりも先に資産を増やすように行動する。
  5.  資産を作った後から遊べば良い。
  6. お金は未来のために使う
  7. 詐欺に合わないように金融機関を上手に活用する

宇田氏は、こうしたお金の考えを実践し現在も継続しているのです。

ギャンブル要素のある投資では勝った時のリターンは大きくなるものの、繰り返し勝ち続ける事は難しく負けた時、一気にお金を失いかねないです。資産運用の初心者はどうしても大きな利回りで早く資産を増やそうとしますが、そのやり方の人が世の中多く、だからこそ貧しい人が人口ピラミッドで多くなるようです。

資産家で豊かになる人ほどお金を増やすよりも減らさない事を意識しています。安全性を重視しても年利10%程度を複利にしていたら誰でも億単位の資産を比較的安全に作れるのです。着実に資産を毎年の増やす事が大切なのです。

また、資産が少し増えたからと使うだけでは大きな資産にはなりませんから配当の一部を使っても残りは再び原資に組み込んで更に配当収入を大きくしていく事が大事です。稼ぐよりも残す。残すよりも増やす。十分な資産ができるまでは一才資産に手をつけない事も大切ですね。。

宇田氏は、常に今の遊びよりも未来のために資産購入にお金を多く使っているようです。詐欺被害に遭わないためにも、個人にお金を渡したりせず、宇田氏は金融機関を上手に活用しているのです。

宇田謙心の知識。評判とは?メリット、デメリットとは!?

宇田謙心氏の考え方は日本だけに留まらず世界をフラットに見て考えるようです。どちらも良い所取りすれば一番得できると考えている訳ですね。彼が資産を作ろうと日本の大手金融機関に出向いた時に、元本割れをしている投資信託を平気で窓口で勧められ、それ以来、日本で販売されている多くの商品は手数料が高くて利回りは悪くリスクもそれなりに取らされる商品が多数であると感じたようです。

元々日本でも郵貯の定期にお金を入れておけば年利12%出る時代があったことを知り、今の0.002%という定期預金金利が世界でも異常に低い事を理解し、彼は世界の金融機関はどうなのだろう!?と欧米やシンガポール、香港などの金融都市に行き学びを深めたようです。

そこで分かった事の例として、

欧米などで年率15%の投資商品が作られたとします。

欧米の金融機関では販売手数料が4%だとすると投資家の年利が11%になります。

シンガポールの金融機関が二次代理店としてその商品を販売した場合、販売手数料をさらに4%取ることになれば投資家が得られる年利は7%と下がってしまいます。

さらに日本で三次代理店がその商品を販売すれば、国と金融機関で販売手数料を6%とられるとすると顧客である投資家の年利はわずか1%になってしまうのです。

元々の年率は15%の商品でも、購入する国や場所によってリターンが変わってしまいます。つまり、同じ商品で同じリスクでも場所により高い手数料ばかり取られて損をしないように商品を見極めながら宇田氏は投資を実践しているのです

評判については、クライアントさんの多くはリピーターと紹介が殆どでとても良いと感じます。そもそも宇田氏は自分がされて嬉しい事だけをしているみたいで、広告を打てば今の何倍ものクライアントさんが来そうですが、今既に関わっているクライアントさんを一番大事にしたい考えのようで、多くのクライアントさんを抱えようとしていませんね。

メリットはハッキリした性格の方みたいで、出来る事は出来る。出来ないことは出来ないとハッキリされていて分かりやすくて良いですね。また安全に堅実に大きな資産にして自由で豊かになりたい方にとってはとても相性の良い方だと思います。

デメリットはギャンブル思考の方、投機が好きな方。本気度が低いと宇田氏が感じるとサポートをそもそも断るみたいですね。更にいくらお金があろうが反社会勢力や脱税思考の方を嫌うようです。

ですからクリーンな人物かどうか各種書類など細かく提出して欲しいと言われるケースがあるみたいなので、やはり本気度が低い方だと面倒に感じるかもしれません。

まとめ

宇田謙心氏は、お金の先生と呼ばれている資産形成・運用のプロです。金融先進国に足を運んで実際の金融事情を正しく学びながら自らも実践されていて既にセミリタイアをされています。今現在は自分の実践してきた確かな情報をもとに自由で豊かになりたい方向けに正しいお金の知識を与えるべくお金の啓蒙活動やライフプランニングなどのサポートをしています。

宇田氏のようにこれからの時代はグローバルな知識を身に付けた有識者に任せることで余計な時間をかけずに効率よく自由で豊かな資産家になれることでしょう。

宇田謙心氏のS N S

Posted by user186